作業者

足場のレンタルは業者でできます|サービスを比較しよう

ヘルメットを持つ人

確認する

建築工事などの工事現場で必要不可欠なものが、足場です。工事現場のほとんどは足場をレンタルし使用しています。業者によって取り扱う内容が異なるため、レンタルする前に確認しておきましょう。

工事現場

借りる為の費用

建築工事には、足場がとても大事な部分になります。しかし、ほとんどの現場では足場レンタルを利用していることが多いです。その為、これからレンタルする業者を見つけたいというのなら費用についても知らないといけません。

男性

設備レンタルで経費削減

工事に必要な足場を用意する際はレンタルサービスを活用し、それぞれの工事に必要な分の足場を準備しましょう。また会社によっては、工事に必要な設備も同時にレンタルできる場合があります。

多い種類

男の人

足場やとナットが無ければモノづくりが出来ないばかりか、建物を作ることもできなくなります。ボルトとナットの歴史は古く、紀元前には既に存在していたと言われています。ボルトとナットには幾つか種類があり、それぞれで適した形状や規格が生まれてきました。夫々の地域で発展したボルトとナットは20世紀に入ると広く用いられている規格に統一されるようになりました。それがメートルネジ系です。メートルねじ系はメートル法と呼ばれる国際規格に則ったネジで、Mという文字を用いてネジの直径を表します。例えばM6というボルトがあれば直径が6mmのボルトであるという事を示し、M6に合うナットもM6ナットになります。メートル系ねじを使用している国や地域は多く、一般的にはメートルねじ系のボルトやナットを購入していれば様々な活用の仕方が出来ます。しかし中にはメートル系ねじでは無く、別の規格を使用している国も存在します。アメリカなどはインチという単位が良く用いられます。日本でインチと言えばテレビの画面サイズや液晶サイズを表す時に用いることがありますが、インチ単位は対角線の長さを元に図るため液晶以外でも使用できます。インチ系ねじも存在し、アメリカを始めインチを使用している国ではインチボルトとインチナットが使用されています。インチとメートルはそもそも長さを図るアプローチが全く異なるため互換性はありません。インチ系でネジきりがされた場所にメートルボルトを差し込んでもピッチ幅が異なるためまず入りませんし、ねじ山を傷つけることになります。また、ボルトやナットはバラ売りで販売されていることもありますが、基本は大量購入するのが一般的です。数百個単位で購入することでバラ売りよりも安く購入でき企業などの法人向けの販売ショップではキロ単位で販売しています。この時ぜひ確認したいのがまずはメートルかインチかです。そもそも互換性が無いため間違うと使うことは出来ません。そしてインチにもボルトにもサイズがあるためサイズに合ったタイプを購入することが大事です。